大塚英志

大塚英志

大塚英志

おおつか・えいじ。国際日本文化研究センター教授。まんが原作者。 著書に『手塚治虫と戦時下メディア理論 文化工作・記録映画・機械芸術』(星海社、2018年)、『大政翼賛会のメディアミックス『翼賛一家』と参加するファシズム』(平凡社、2018年)、『大東亜共栄圏のクールジャパン「協働」する文化工作』(集英社新書、2022年)、『「暮し」のファシズム ――戦争は「新しい生活様式」の顔をしてやってきた』(筑摩選書、2021年)、『シン・論 おたくとアヴァンギャルド』(太田出版、2022年)、『木島日記 うつろ舟』『北神伝綺』『北神伝綺 妹の力』(いずれも星海社、2022年)など。 現在の研究テーマは戦時下のメディア理論と文化工作。

関連記事一覧

接続する柳田國男

読む

『シン・エヴァ』の「第3村問題」と神話的物語構造の実装について

読む

おたく文化における「ローアングル鉄塔」の所在とは──1本の鉄塔からも掘り起こされる長大な歴史

読む

大塚英志が可視化する、『シン・エヴァ』および『シン・』シリーズにおける「おたく文化の戦時下起源」

読む
スポンサーリンク