管を断つ管を断つ

管を断つ

荻上チキ

コンドームをつけた上でセックスをすれば、妊娠の可能性は下げられる。ただ、射精する以上、その可能性はゼロとはならない。体内に精子が存在し続ければ、「予期せぬこと」が起こる可能性があり、それにより時に、他人の身体や人生までを大きく変えてしまうこともある。そのことを私は、決して望んでいない――そう考えて、パイプカット(精管結紮術)に臨むことになった評論家の荻上チキさん。しかしそこに至るの道のりは決して平坦ではなかったようで……?

男らしさ、孤独、性愛、セルフケア……中年男性として、新たな親密圏の構築に七転八倒する新感覚の社会評論エッセイ連載がスタート!(毎月第1火曜日更新)

 

 

管を断つ

読む
スポンサーリンク