小さなシアワセの見つけかた 『酒のほそ道』の名言小さなシアワセの見つけかた 『酒のほそ道』の名言

小さなシアワセの見つけかた 『酒のほそ道』の名言

漫画:ラズウェル細木 選・文:スズキナオ/パリッコ

1994年『漫画ゴラク』にて連載を開始し、現在(2024年6月)単行本54巻を数え、累計発行部数600万部を記録するラズウェル細木の長寿グルメマンガ『酒のほそ道』。主人公のとある企業の営業担当サラリーマン・岩間宗達が何よりも楽しみにしている仕事帰りのひとり酒や仕事仲間との一杯。連載30周年を記念し、『酒のほそ道』全巻から名言・名場面を、若手飲酒シーンのツートップ、パリッコとスズキナオが選んで解説する。(毎週金曜日配信予定)

NEW

オレにとってはサァ、スキヤキ作ってるときは前夜祭なの。

読む
NEW

刺身をとったあとの魚の頭は、実はオイシイ部分がイッパイ隠れた「宝の山」なのだな。

読む

ああ 初めての店に入るときの期待と緊張。これがいいんだよな。

読む
スポンサーリンク