小さなシアワセの見つけかた 『酒のほそ道』の名言
第3回

オレにとってはサァ、スキヤキ作ってるときは前夜祭なの。

暮らし
スポンサーリンク

1994年『漫画ゴラク』にて連載を開始し、最新55巻が絶賛発売中! 累計発行部数600万部を記録するラズウェル細木の長寿グルメマンガ『酒のほそ道』。主人公のとある企業の営業担当サラリーマン・岩間宗達が何よりも楽しみにしている仕事帰りのひとり酒や仕事仲間との一杯。連載30周年を記念し、『酒のほそ道』全巻から名言・名場面を、若手飲酒シーンのツートップ、パリッコとスズキナオが選んで解説する。飲兵衛にとっての二日目のすき焼きとナイターの野球場の外野席について。

「星空の下でのーんびりとビールを飲む。そーゆー場所なのョ、外野席って」

『酒のほそ道』第3巻第12話「ナイターでビール!!」(C)ラズウェル細木/日本文芸社

会社の同僚、“かすみちゃん”こと三浦かすみを誘い、お盆休みに野球のナイターを観戦しに来た宗達。芝生の外野席からはマウンドもバッターボックスもかなり遠く、肝心の試合内容はよくわからない。しかし、そんなことおかまいなしの宗達は芝生に寝転び、こう言い放つ。野球ファンが聞いたら呆れそうな発言だが、開放感のある球場で飲む生ビールのあの美味しさを知る人ならこの気持ちがわかるはず。

「せっかくお金出して入ったんだから」とぼやくかすみちゃんに対し、「あいかわらずせこいなー。芝生寝ほうだいの料金だと思えばいーじゃん」とカップに入った生ビールを飲みながら言う宗達のふてぶてしさが最高である。

「オレにとってはサァ、スキヤキ作ってるときは前夜祭なの」

『酒のほそ道』第3巻第25話「スキヤキ談義」(C)ラズウェル細木/日本文芸社

学生時代からの友人・斎藤の家に集まり、仲間たちとすき焼きを味わう宗達。関東風、関西風のすき焼きの違いをめぐって仲間たちの議論は白熱するが、宗達の様子がどこかおかしい。仲間がみんなビールを飲んでいるのに宗達は酒を飲まず、白飯で締めて早々に寝てしまう。

しかし、宗達の真の狙いは残り物のすき焼きを翌朝に食べることにあった。「ポイントはあっためないこと 味がしみて固まったしらたきやネギをつまみながら」「冷や酒をチビチビとやる」のが最高だというのだ。「宗達風翌朝スキヤキ」と自ら名付けているこの食べ方、たしかに美味しそうではあるが、それにしてもこのために前の晩の酒を抜くとは……宗達の底知れなさを感じる名言である。

*       *       *

次回「小さなシアワセの見つけかた 『酒のほそ道』の名言」(漫画:ラズウェル細木/選・文:パリッコ)は6月28日(金)配信予定。

筆者について

1956年、山形県米沢市生まれ。酒と肴と旅とジャズを愛する飲兵衛な漫画家。代表作『酒のほそ道』(日本文芸社)は30年続く長寿作となっている。その他の著書に『パパのココロ』(婦人生活社)、『美味い話にゃ肴あり』(ぶんか社)、『魚心あれば食べ心』(辰巳出版)、『う』(講談社)など多数。パリッコ、スズキナオとの共著に『ラズウェル細木の酔いどれ自伝 夕暮れて酒とマンガと人生と』(平凡社)がある。2012年、『酒のほそ道』などにより第16回手塚治虫文化賞短編賞を受賞。米沢市観光大使。
(撮影=栗原 論)

ラズウェル細木 × スズキナオ

1979年東京生まれ、大阪在住のフリーライター。WEBサイト『デイリーポータルZ』を中心に執筆中。著書に『深夜高速バスに100回ぐらい乗ってわかったこと』、『遅く起きた日曜日にいつもの自分じゃないほうを選ぶ』、『思い出せない思い出たちが僕らを家族にしてくれる』、『「それから」の大阪』など。パリッコとの共著に『ご自由にお持ちくださいを見つけるまで家に帰れない一日』、『椅子さえあればどこでも酒場 チェアリング入門』、『“よむ”お酒』、『酒の穴』などがある。

  1. 第1回 : ああ 初めての店に入るときの期待と緊張。これがいいんだよな。
  2. 第2回 : 刺身をとったあとの魚の頭は、実はオイシイ部分がイッパイ隠れた「宝の山」なのだな。
  3. 第3回 : オレにとってはサァ、スキヤキ作ってるときは前夜祭なの。
  4. 第4回 : 罰としてキミはそのサンマを提供しなさいっ。ボクは部下の監督不行き届きでビールを買ってくるから……。
  5. 第5回 : しょうが焼きはごはんも含めてビールのつまみ。アジフライはからしをつけて日本酒のつまみ。あーあ、ちあわちぇ~。
  6. 第6回 : とりあえず禁酒は明日からにすっか〜っ!!
  7. 第7回 : ウーム。やっぱり酒は百薬の長じゃな~。
連載「小さなシアワセの見つけかた 『酒のほそ道』の名言」
  1. 第1回 : ああ 初めての店に入るときの期待と緊張。これがいいんだよな。
  2. 第2回 : 刺身をとったあとの魚の頭は、実はオイシイ部分がイッパイ隠れた「宝の山」なのだな。
  3. 第3回 : オレにとってはサァ、スキヤキ作ってるときは前夜祭なの。
  4. 第4回 : 罰としてキミはそのサンマを提供しなさいっ。ボクは部下の監督不行き届きでビールを買ってくるから……。
  5. 第5回 : しょうが焼きはごはんも含めてビールのつまみ。アジフライはからしをつけて日本酒のつまみ。あーあ、ちあわちぇ~。
  6. 第6回 : とりあえず禁酒は明日からにすっか〜っ!!
  7. 第7回 : ウーム。やっぱり酒は百薬の長じゃな~。
  8. 連載「小さなシアワセの見つけかた 『酒のほそ道』の名言」記事一覧
関連商品