小さなシアワセの見つけかた 『酒のほそ道』の名言
第5回

しょうが焼きはごはんも含めてビールのつまみ。アジフライはからしをつけて日本酒のつまみ。あーあ、ちあわちぇ~。

暮らし
スポンサーリンク

1994年『漫画ゴラク』にて連載を開始し、最新55巻が絶賛発売中! 累計発行部数600万部を記録するラズウェル細木の長寿グルメマンガ『酒のほそ道』。主人公のとある企業の営業担当サラリーマン・岩間宗達が何よりも楽しみにしている仕事帰りのひとり酒や仕事仲間との一杯。連載30周年を記念し、『酒のほそ道』全巻から名言・名場面を、若手飲酒シーンのツートップ、パリッコとスズキナオが選んで解説する。学生街の食堂で何をつまみに飲むか。ハシゴ酒の店で食べた松茸の味。

「しょうが焼きはごはんも含めてビールのつまみ。アジフライはからしをつけて日本酒のつまみ。あーあ、ちあわちぇ~」

『酒のほそ道』5巻第2話『学生食堂』(C)ラズウェル細木/日本文芸社

仕事の用で学生街にやってきた宗達。「キッチンスタミナ」という、いかにも学生たちの味方といった雰囲気の食堂へ。

入店するなり「しょうが焼き定食ライス大盛りに単品でアジフライ あとビールと日本酒ね」と注文し、ライスにはしょうが焼きのタレをたっぷりしみ込ませ、アジフライにはあえてしょうゆをかける。そして、しょうが焼き&ライスにビールを、アジフライに日本酒をあわせて「ちあわちぇ~」と満面の笑みを浮かべている。学生街の食堂でもこんな風に楽しく酒が飲めるのだと、大人の知恵を見せつける一幕である(それにしてもビールと日本酒を同時にオーダーするところがすごい!)。

自分の学生時代を思い出し、ハンバーガーの具材を全部バラバラに分けて酒のつまみにしていたなーなどと懐かしむ宗達だが、時代が変わったのか、周りの学生たちはみな「すき焼き定食」「サーロインステーキ」など高級メニューを注文しているではないか。会社員のふところ具合を察し、生玉子をサービスしてくれる食堂のおばさんの優しさが沁みる。

「そーいえばどっかで松茸食ったっけかなァ…?」

『酒のほそ道』5巻第27話「味と香り」(C)ラズウェル細木/日本文芸社

ハシゴ酒の途中、「も一軒行こうぜ」という宗達に、飲み仲間・斎藤が「マスターが自分で採ってきた松茸を食わせる店を知ってる」と提案。「よしっ行くべっ」と、渋い雰囲気の店に入ると、職人肌っぽいマスターにじろっとにらみを利かされる。「松茸ってのは繊細な味と香りを楽しむものだから 酔っぱらって感覚の鈍くなったヤツには食わせたくないんだよっ」と言われるも、「今日だけ特別だぞっ」と、なんとか席に通してもらうことができた。

手で裂いて焼いた国産の松茸の味わいは格別なようで「この食感この香り たまらんなーっ」と斎藤も宗達も至福の表情。松茸山を持っているというマスターだが、「松茸の生えてる場所は親兄弟といえども教えない」と、それがいかに貴重なものかを語る。宗達はそれを受け、「もうこの味と香りは一生忘れられません」と返すのだが、その後も深酒をしたのだろう、翌朝、記憶がまったくない。松茸風味のお吸い物をズズズと啜りながら、「松茸食ったっけかなァ…?」だって! めちゃくちゃもったいないけど、こういうことってあるよな……。

*       *       *

次回「小さなシアワセの見つけかた 『酒のほそ道』の名言」(漫画:ラズウェル細木/選・文:スズキナオ)は7月5日(金)配信予定。

筆者について

1956年、山形県米沢市生まれ。酒と肴と旅とジャズを愛する飲兵衛な漫画家。代表作『酒のほそ道』(日本文芸社)は30年続く長寿作となっている。その他の著書に『パパのココロ』(婦人生活社)、『美味い話にゃ肴あり』(ぶんか社)、『魚心あれば食べ心』(辰巳出版)、『う』(講談社)など多数。パリッコ、スズキナオとの共著に『ラズウェル細木の酔いどれ自伝 夕暮れて酒とマンガと人生と』(平凡社)がある。2012年、『酒のほそ道』などにより第16回手塚治虫文化賞短編賞を受賞。米沢市観光大使。
(撮影=栗原 論)

ラズウェル細木 × スズキナオ

1979年東京生まれ、大阪在住のフリーライター。WEBサイト『デイリーポータルZ』を中心に執筆中。著書に『深夜高速バスに100回ぐらい乗ってわかったこと』、『遅く起きた日曜日にいつもの自分じゃないほうを選ぶ』、『思い出せない思い出たちが僕らを家族にしてくれる』、『「それから」の大阪』など。パリッコとの共著に『ご自由にお持ちくださいを見つけるまで家に帰れない一日』、『椅子さえあればどこでも酒場 チェアリング入門』、『“よむ”お酒』、『酒の穴』などがある。

  1. 第1回 : ああ 初めての店に入るときの期待と緊張。これがいいんだよな。
  2. 第2回 : 刺身をとったあとの魚の頭は、実はオイシイ部分がイッパイ隠れた「宝の山」なのだな。
  3. 第3回 : オレにとってはサァ、スキヤキ作ってるときは前夜祭なの。
  4. 第4回 : 罰としてキミはそのサンマを提供しなさいっ。ボクは部下の監督不行き届きでビールを買ってくるから……。
  5. 第5回 : しょうが焼きはごはんも含めてビールのつまみ。アジフライはからしをつけて日本酒のつまみ。あーあ、ちあわちぇ~。
  6. 第6回 : とりあえず禁酒は明日からにすっか〜っ!!
  7. 第7回 : ウーム。やっぱり酒は百薬の長じゃな~。
連載「小さなシアワセの見つけかた 『酒のほそ道』の名言」
  1. 第1回 : ああ 初めての店に入るときの期待と緊張。これがいいんだよな。
  2. 第2回 : 刺身をとったあとの魚の頭は、実はオイシイ部分がイッパイ隠れた「宝の山」なのだな。
  3. 第3回 : オレにとってはサァ、スキヤキ作ってるときは前夜祭なの。
  4. 第4回 : 罰としてキミはそのサンマを提供しなさいっ。ボクは部下の監督不行き届きでビールを買ってくるから……。
  5. 第5回 : しょうが焼きはごはんも含めてビールのつまみ。アジフライはからしをつけて日本酒のつまみ。あーあ、ちあわちぇ~。
  6. 第6回 : とりあえず禁酒は明日からにすっか〜っ!!
  7. 第7回 : ウーム。やっぱり酒は百薬の長じゃな~。
  8. 連載「小さなシアワセの見つけかた 『酒のほそ道』の名言」記事一覧
関連商品