お口に合いませんでしたお口に合いませんでした

お口に合いませんでした

オルタナ旧市街

ふやけて崩れたハンバーガー、やる気のない食堂の冷たいからあげ、サービスエリアの伸びきったうどん……。おいしくなかった食事ほど、強く記憶に残っていることはありませんか。外食の「おいしい」が当たり前となった今、口に合わなかった食事の記憶から都市生活のままならなさを描く短編小説連載。

(毎月第3木曜日更新予定)

NEW

いつもの味

読む

フライド(ポテト)と偏見

読む

冷たいからあげの福音

読む

町でいちばんのうどん屋

読む

メランコリック中華麺

読む

終末にはうってつけの食事

読む

愚者のためのクレープ

読む

ユートピアの肉

読む

ゴースト・レストラン

読む
スポンサーリンク