堀越英美

堀越英美

堀越英美

ほりこし・ひでみ。1973年生まれ。フリーライター。著書に『女の子は本当にピンクが好きなのか』・『不道徳お母さん講座』・『モヤモヤする女の子のための読書案内』(河出書房新社)、『スゴ母列伝』(大和書房)、訳書に『自閉スペクトラム症の女の子が出会う世界』(河出書房新社)、『ギタンジャリ・ラオ STEMで未来は変えられる』(くもん出版)、『ガール・コード』(Pヴァイン)など。

関連記事一覧

『教えて?ネコのココロ』から考える猫と家父長制

読む

カルトは家庭の顔をする――『母親になって後悔してる』『ミッドサマー』から考えるカルトへの抗い方

読む

「人間」を疎外するシステムで、包摂される人々―『コンビニ人間』『ウ・ヨンウ弁護士は天才肌』評

読む

『平家物語』における語るケア

読む

子どもの言葉を聞き続けるということ 映画『カモンカモン』の「暗がり」について

読む

「ケア」と「面白」の和解を目指して 北村薫のお笑い批評と錦鯉のM1優勝

読む

読む女、手を動かす女 「かけ足が波に乗りたるかもしれぬ」と『ミシンと金魚』考

読む

ケアのおせち、あるいはケアの倫理と学校道徳はどう違うのか

読む

『鬼滅の刃』胡蝶しのぶ人気と『ビルド・ア・ガール』に見るケアの復権

読む
スポンサーリンク