ポスト2020の〈セカイ〉系 「距離」の時代のイメージ学ポスト2020の〈セカイ〉系 「距離」の時代のイメージ学

ポスト2020の〈セカイ〉系 「距離」の時代のイメージ学

北出 栞

セカイ(系)。「主人公の周囲の小さな問題と、〈世界の終わり〉のような大きな問題が短絡的に結びつけられる」作品に対して使われてきた言葉。そんなセカイ(系)の作品はかつて「中間にあるはずの〈社会〉が欠落している」と批判や揶揄の対象となっていました。しかし2020年代の今、スマートフォンゲームから医療脱毛の広告にいたるまで、カタカナの「セカイ」という表記が再び存在感を増しています。

個人編集の「セカイ系」同人誌『ferne』が話題を呼んだ文筆家・北出栞さんが、アニメや音楽、美術作品などに見られるイメージを横断しながら、「セカイ」という言葉に宿るリアリティの正体を探ります。

20年後に聴く「ほしのこえ」

読む
スポンサーリンク