ぼんやり者のケア・カルチャー入門ぼんやり者のケア・カルチャー入門

ぼんやり者のケア・カルチャー入門

堀越英美

『女の子は本当にピンクが好きなのか』・『不道徳お母さん講座』で話題の堀越英美さんによる新連載!最近よく目にする「ケア」ってちょっと難しそう…でも、わたしたち大人だって、人にやさしく、思いやって生きていきたい…ぼんやり者でも新時代を渡り歩ける!?「ケアの技術」を映画・アニメ・漫画など身近なカルチャーから学びます。 (毎月第2木曜日掲載予定)

家父長制の国のハロウィン 暴動からボン・ジョヴィへ

読む

学生運動に足りなかったもの 母校の高校紛争体験記を読む

読む

『教えて?ネコのココロ』から考える猫と家父長制

読む

カルトは家庭の顔をする――『母親になって後悔してる』『ミッドサマー』から考えるカルトへの抗い方

読む

「人間」を疎外するシステムで、包摂される人々―『コンビニ人間』『ウ・ヨンウ弁護士は天才肌』評

読む

『平家物語』における語るケア

読む

子どもの言葉を聞き続けるということ 映画『カモンカモン』の「暗がり」について

読む

「ケア」と「面白」の和解を目指して 北村薫のお笑い批評と錦鯉のM1優勝

読む

読む女、手を動かす女 「かけ足が波に乗りたるかもしれぬ」と『ミシンと金魚』考

読む

ケアのおせち、あるいはケアの倫理と学校道徳はどう違うのか

読む
スポンサーリンク