松本俊彦

松本俊彦

まつもと・としひこ 1967年神奈川県生まれ。医師、医学博士。国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所薬物依存研究部部長。1993年佐賀医科大学医学部卒業。神奈川県立精神医療センター、横浜市立大学医学部附属病院精神科などを経て、2015年より現職。2017年より国立精神・神経医療研究センター病院薬物依存症センターセンター長併任。主著として「自傷行為の理解と援助」(日本評論社) 、「アディクションとしての自傷」(星和書店)、「自傷・自殺する子どもたち」(合同出版)、「アルコールとうつ、自殺」(岩波書店, 2014)、「自分を傷つけずにはいられない」(講談社)、「もしも「死にたい」と言われたら」(中外医学社)、「薬物依存症」(筑摩書房)、「誰がために医師はいる」(みすず書房)、「世界一やさしい依存症入門」(河出書房新社)がある。

関連記事一覧

NEW

『あなたも狂信する』刊行記念! 往復書簡特別編(後編)を公開

読む

『あなたも狂信する』刊行記念! 往復書簡特別編(前編)を公開

読む

つながり再考――依存症家族支援と強すぎないつながり(松本俊彦)

読む

依存症と共同体、仲間のネットワークへの期待(横道誠)

読む

ふつうの相談、そしてつながり、集える場所(松本俊彦)

読む

自己開示への障壁と相談できない病(横道誠)

読む

大麻、少年の性被害、男らしさの病(松本俊彦)

読む

紳士淑女としての”依存”のたしなみ方(横道誠)

読む

人はなぜ何かにハマるのか?(松本俊彦)

読む

ヘイ、トシ(再び)(横道誠)

読む
スポンサーリンク