酒をやめられない文学研究者とタバコがやめられない精神科医の往復書簡酒をやめられない文学研究者とタバコがやめられない精神科医の往復書簡

酒をやめられない文学研究者とタバコがやめられない精神科医の往復書簡

横道誠 松本俊彦

依存症は、現代人にとって、とても身近な「病」です。非合法のドラッグやアルコール、ギャンブルに限らず、市販薬・処方箋薬、カフェイン、ゲーム、スマホ、セックス、買い物、はたまた仕事や勉強など、様々なものに頼って、なんとか生き延びている。そして困っている、という人はたくさんいるのではないでしょうか。

そこで、本連載では自身もアルコール依存症の治療中で、数多くの自助グループを運営する文学研究者・横道誠さんと、「絶対にタバコをやめるつもりはない」と豪語するニコチン依存症(!?)で、依存症治療を専門とする精神科医・松本俊彦さんの、一筋縄ではいかない往復書簡をお届けします。最小単位、たったふたりから始まる自助グループの様子をこっそり公開です。

(毎月第2・4木曜日更新予定)

NEW

「困った人」は「困っている人」――自己治療と重複障害(松本俊彦)

読む

当事者イメージの複雑化と新しい自助グループを求めて(横道誠)

読む

「回復のコミュニティ」に必要とされるもの――周回遅れのアディクション治療(松本俊彦)

読む

無力さの受容と回復のコミュニティ(横道誠)

読む

「ダメ。ゼッタイ。」よりも「回復のコミュニティ」(松本俊彦)

読む

自助グループと地獄行きのタイムマシン(横道誠)

読む

ヘイ、マコト(松本俊彦)

読む

へい、トシ!(横道誠)

読む
スポンサーリンク