荻窪メリーゴーランド
第3回

恋に埋もれてうつむいている

荻窪メリーゴーランド
スポンサーリンク

いまだかつてない盛り上がりを見せる現代短歌。その中でも最も注目すべき歌人・木下龍也と鈴木晴香による共演がOHTABOOKSTANDで実現! 新進気鋭ふたりの新作短歌連載。言葉の魔術師たちが紡ぎ出す虚構のラブストーリー。ふたりが演じる彼らは誰なのか。どこにいるのか。そしてどんな結末を迎えるのか。第3回は、「冬のデート」。

※外部配信では画面が崩れる場合があります。気になる方はOHTABOOKSTANDにてご確認ください。

クリスマス前夜の前夜 ここはまだ神様のいなかった世界で

きみの降臨を控えたぼくの部屋だから壁にも撃つファブリーズ

更新してシャットダウンの真夜中の窓からきみの街を見ていた

誰にでも尾を振るスマートフォンだった。恋人かと思えば上司から

ただ寒いだけの冬から連れてきたコートにきみを覚えさせたい

「ついたよ」も「どこ?」も未読でたくさんの恋に埋もれてうつむいている

待つというメリーゴーランドをひとりひとりが降りてゆくのにひとり

ぼくたちのはずだったのにフレンチの窓辺で笑うだれかとだれか

虚しいという感情は感情のなかでもっとも雪に似ている

会議室Cの灯りを消したとき雪だったことにはじめて気づく

半額のケーキに向かってごめんって、ほんとうは君に言いたいことば

終わろうとしている夜を引き止めるための涙がこの世に落ちた

「だ」と打ってまた「だ」と打てば「大丈夫だよ」がつくれてそれを送った

やがて心を剥き出しにする夜が来るの 神様ならもういない

会いたいというより居たいと思う冬どちらが先に眠ってもいい

ねえスーモ、毛づくろいしてあげるから同棲にいい部屋を教えて

* * *

この続きは、10月20日(木)17時公開予定。

筆者について

きのした・たつや。1988年生まれ。歌人。 著書は『つむじ風、ここにあります』『きみを嫌いな奴はクズだよ』(ともに書肆侃侃房)、『天才による凡人のための短歌教室』『あなたのための短歌集』(ともにナナロク社)。また、共著に『玄関の覗き穴から差してくる光のように生まれたはずだ』『今日は誰にも愛されたかった』(ともにナナロク社)がある。

木下龍也 × 鈴木晴香

すずき・はるか。1982年東京都生まれ。歌人。慶應義塾大学文学部卒業。2011年、雑誌「ダ・ヴィンチ」『短歌ください』への投稿をきっかけに作歌を始める。歌集『夜にあやまってくれ』(書肆侃侃房)、『心がめあて』(左右社)。2019年パリ短歌イベント短歌賞にて在フランス日本国大使館賞受賞。塔短歌会編集委員。京都大学芸術と科学リエゾンライトユニット、『西瓜』所属。現代歌人集会理事。

  1. 第1回 : くちづけるとは渡しあうこと
  2. 第2回 : 〈永遠〉で終わらせるしりとり
  3. 第3回 : 恋に埋もれてうつむいている
連載「荻窪メリーゴーランド」
  1. 第1回 : くちづけるとは渡しあうこと
  2. 第2回 : 〈永遠〉で終わらせるしりとり
  3. 第3回 : 恋に埋もれてうつむいている
  4. 連載「荻窪メリーゴーランド」記事一覧
関連商品